ご挨拶

SNS 更新情報

瑞芳菴流家元

江戸時代初期に来朝された黄檗宗の宗祖隠元隆g禅師が伝えた煎茶喫茶法・文化は、江戸末期から明治初頭にかけて多くの人々の心を捉え隆盛を極めて、煎茶道として確立をし、今現在では多くの流派が存在していますが、我が瑞芳菴流はその中の1流派として、素晴らしい文化を後世に伝承していくべく活動をしています。

 

当代の家元は、三代目を継承してまだまだ日は浅いのですが、黄檗僧の籍を有し黄檗宗慈恩寺の住職でもあり、煎茶道を通じて一条の道標を作ろうと活動しています。

 

瑞芳菴流家元
三世家元 大田和博仙